自動車の損害保険には自賠責保険ないしは任意保険というふたつのタイプがございます。自賠責保険、任意保険ともに、もしものアクシデントに遭ったときの補償に関するものですが契約の内容は異なっているといえます。二つの保険では補償の対象となることが一様とはいえません。※事故の相手については、自賠責保険あるいは任意保険の双方で補償できます。※自分自身には、[任意保険]で補償されるようになっています。※自己の財産については、【任意保険】のみで補償されるよう取り決められています。自賠責保険だけでは自分の負傷または愛車に対する補償などは受ける権利がありません。相手に向けての補償などの支援ですが自賠責保険は死亡した時は上限三千万円・後遺障害を与えてしまった場合上限額4,000万などというように定められています。ただし実際の賠償額が前に挙げた額を上回ってしまうことは珍しくありません。また加えて事故の相手方のクルマまたは家屋を壊したケース害を加えた者による賠償となってしまいます。そのような負担を防ぐために任意保険というものが不可欠だという話になるのです。害を被った者のサポートを重視する任意保険という制度ですが、それとはまた違った独自の機能があります。※相手方へは、死亡時もしくは負傷だけでなく、車や建築物などといったものの財産を補償するのです。※自分に対しては、同乗者もひっくるめて死亡時あるいは傷を賠償します。※自分の所有する財産に対しては、マイカーを補償します。そういった色んな面での支援が充実しているのが任意保険が持つ強みなのです。保険料の払い込みはもちろん必須とならざるを得ませんが、事故の相手のためにも自分を安心させるためにも、マイカーに乗るなら入っておいた方がよいでしょう。