民事再生という選択は住宅のローンを含めた多重の債務に苦しんでいる方を対象として、住宅を維持したままで経済的に再生するための債務を整理する手順として2000年11月に適用されるようになったルールです。ポリピュア

破産手続きと違って免責不許可となる条件がないので投機などで債務が増えたようなときでも申請は問題ありませんし破産申請をすることで業務ができなくなるリスクのある資格で収入を得ている場合等でも手続きが検討可能です。http://dieselgeneratorco.com

破産の場合には、住んでいる家を残すことは不可能ですし任意整理と特定調停では、元金自体は完済していかなければなりませんので、マンション等のローンを含めて返していくのは現実として困難だと思われます。ニコノン

ただ、民事再生という方法を選ぶことができれば、住宅ローンなどのほかの借金は十分な金額を減ずることも可能なためある程度余裕に住宅ローン等を続けながらそれ以外の債務を支払っていくことが可能ということになります。

民事再生という方法は任意整理または特定調停といった手続きとは異なって一部の借金を切り取って処理することは考えられませんし、破産の場合のように借り入れ金が帳消しになるということでもありません。

それに、それ以外の解決手順と比較して若干煩雑で時間もかかりますので住宅ローン等を組んでおり住んでいるマンションを手放すわけにはいかないような状況等以外で自己破産等といった他の選択肢がない場合だけの最終的な解決方法として考えていた方がいいでしょう。