新聞の宣伝広告、スポーツ新聞紙、繁華街に貼られた広告やダイレクトメールなどで「負債の片付け任せなさい」「多重負債を集約したくないですか」という内容の売り言葉を目に入れることがありませんか。

このようなものは、「整理人」「買取屋」「紹介業者」という通称の悪徳企業の嘘広告の場合もあるということなのです。

使ったときには自己破産申し立てフローの中で一番重要な免責認定を得られない危険がありえます。

「整理人」の場合は、ビラなどで負債者を引きつけ、費用を取り債務整理をしますが負債整頓は実行されずに、債務人はより負債スパイラルにはまる結末がすべてになります。

「買取業」は、分割払いで電気製品、新幹線の券などを山ほど注文させて依頼者からそれらの物品を購入額の20%〜40%で買取るというやり口をとっています。

当人はその瞬間はお金が懐に入りますが、必ずカード会社によって品物の売値の請求が届くことになり、実際のところ借金額を上乗せする結果となります。

この場合、クレジットカード企業へ詐欺に当たるとされて免責許諾を手に入れられなくなります。

「紹介者」は大企業の貸金から断られる借金者に自分では提供は全然せずに、融資を可能である異なる業者を紹介して、法外な手数料を受け取るグループです。

紹介者は専門的な手引きで貸出してもらったという口調で会話しますが、現実には何もしていなくて、種は簡単でルールの甘めのサービスを分かっているだけです。

このケースだと結局のところ債務額を増やすことになります。